1~5.算命学から紐解く、運命の人の見つけ方 第1編

あなたは、「運命の人」の存在を信じていますか?
未だに現れない、もしくは現在の相手が運命の人だと感じている人も多いでしょう。
人生の中で運命の人と巡り会えるかどうか、またはどんな人が運命の人なのかというのは、算命学において宿命から導き出すことができるのです。
自分の宿命を把握し、自分が好きになる人や結婚する相手のタイプを見ることで、運命の人も見つけやすくなるかもしれません。
今回は算命学から紐解く、運命の人の見つけ方についてご紹介しましょう。


☞ NEXT 関連カテゴリー記事

結婚占いイメージ

☞ 6~8.算命学から紐解く、運命の人の見つけ方 第2編

十干はそれぞれに性質があり、誕生日によって十干の組み合わせが生じます。そのため、性質ごとに愛の形も違ってくるのです。そこで、十干ごとの愛の形をご紹介していきます。


結婚占いイメージ

☞ 結婚運が分かる人相学!将来を人相から読み取ろう

結婚は人生において重要な岐点となるため、慎重に行っていきたいものです。 そんな結婚運は様々な占い方法からも分かりますが、今回は人相学から結婚運を読み解いていきましょう。 自分の人相はもちろん、相手の人相を読み取ることで将来どうなっていくのかも分かります。 また、人相学で結婚運をアップさせる方法もご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


結婚占いイメージ

☞ 結婚で悩む方にオススメの占い方法

周りはみんな結婚しているのに、自分だけ取り残されている気分になることがある方もいらっしゃるでしょう。結婚願望はあるのに、なかなか結婚できない…むしろ本当に結婚なんて自分にはできるんだろうかと悩む方も多いのではないでしょうか?まずは、結婚できるかどうか知りたい方に、オススメの占い方法をご紹介しましょう。


☞ \あなたへオススメ記事/

恋愛トップイメージ

☞ 『人相で恋愛運アップ!ダメンズの見極め方もご紹介』

人相でダメンズを見極めることもできますし、人相によって自分の恋愛運をアップさせ、より素敵な出会いを求めることもできるのです。ここでは、そんな人相学を駆使した恋愛運アップとダメンズの見極め方についてご紹介していきます。


不倫イメージ

☞『不倫は運気が下がる原因にもなる?九星気学から分かる不倫の傾向と対策』

1.不倫は色んな人の運気を下げてしまう|2.苦しい不倫は相性が悪いせいで起きる?|3.不倫に陥りやすい・陥りにくい本命星は?|4.相手が不倫しているかも…どういう行動をすべき?|5.不倫を断ち切り、恋愛運を高めるための方法とは?


1.自分の運命の人はどんな人?

自分の運命の人を探るには、算命学でどの宿命を見ると良いのかというと、陽占(人体星図)の右手と左手に現れた十大主星によって知ることができます。
現れた星は、相手の特徴となる部分になるので、この特徴を知ることで自分の運命の人はどんな人なのか把握することも可能です。
自分の人体星図の右手と左手に現れた十大主星は何かがわかったら、どんな特徴を持っているのか理解しておきましょう。

スポンサーリンク

■夫の星を持たない人は結婚できないのか?

算命学では基本的に宿命を見ることで結婚する相手が見つかるのか、それはどんな人なのか、などというのは予測をつけることは可能です。
算命学は、夫の星があることで結婚すると言われている部分があります。
夫の星が2つ、3つもある人は再婚を繰り返しやすいという傾向も見ることができます。
では、逆に夫の星を持たない人は結婚することができないということなのでしょうか?

実は、夫の星を持っていない人でも結婚することは十分に可能です。
そもそも夫の星を持っている人は、専業主婦のように家庭の中に入る結婚を意味していたこともあり、女性の社会進出が当たり前になってきた昨今では、夫の星の定義は当てはまらなくなってきているのです。
また、夫の星が宿命の中に入っていなくても普通に結婚や恋人にも恵まれている人がいるのは、自分ではなく相手の宿命の中に星があることで、恋愛や結婚に発展することはあります。
ですから、自分が夫の星を持っていなかったからと言って生涯独身になるとは限らないのです。
現在付き合っている恋人や夫の宿命や自分の宿命にも星がない場合があります。
これでは算命学が当たっていないのでは?と思ってしまう方も多いかもしれません。
この場合、どちらの宿命にも星がなかったとしても恋愛運・結婚運が運勢として廻ってきたために結ばれたと言えます。

夫の星という他にも恋人の星というものがあります。
この星は昔から愛人や内縁の星とも言われていたのですが、現在のように自由な恋愛の形が増えてきている現代にとって、この星によって結婚の形となる場合も少なくありません。
このように、星の解釈というのは現代のライフスタイルに合わせて変わっていかなくてはいけないものと言えるでしょう。
ですから夫の星を持っていないという人も、運命の人との出会いを諦めずに結婚に向けてどうしていくべきかが出会いにつながるチャンスとなります。

2.宿命となる夫のタイプはどんな人?

■宿命となる夫のタイプは必ずしも自分の好きな人のタイプではない

たまに今まで付き合ってきた人とは異なる性格や見た目の人と結婚し、周囲を驚かせている人がいます。
また、最初は結婚どころか付き合うことすら考えていなかったような人と、結婚し幸せな家庭を築いている人も多いかと思います。
このように、宿命となる夫のタイプは、必ずしも自分の好きになる人のタイプとは一致しないことがほとんどです。
そういった点を理解しておくと、運命の人を見つけたいという方も、視野が広くなり運命の人を探しやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク

■宿命となる夫のタイプは?

では、実際に宿命となる夫はどんなタイプの人なのかを調べてみましょう。
調べ方としては上記でも紹介した人体星図の右手に当たる部分が、宿命となる夫のタイプになります。

・玉堂星

インテリで物静かなタイプが多くみられるこの星は、いわゆる肉食系男子としての面はあまり見られないものの、深い優しさを持つタイプです。
知性も兼ね備えているため、安心して隣にいることができるでしょう。

・龍高星

好奇心旺盛な龍高星は、突拍子もない発言があったり、ユニークな考えをしたりとあなたを振り回してしまうことがあるかもしれません。
しかし、頭が良いので自分では思いつかなかったことも龍高星が提案してくれて、新たな発見も多いでしょう。
また、龍高星が右手にある場合、国際結婚の可能性も高くなります。

・牽牛星

地位や才能がある分プライドが高い牽牛星ですが、気配りができるタイプでもあります。
もし、牽牛星の人と結婚すると、周りの人から羨ましがられることもあるでしょう。
それほど組織の中で活躍し、上に立てる人でもあります。

・車騎星

責任感の強い車騎星は、正義感もあって嘘をつかれることが大嫌いなタイプです。
最初は律儀でいい人だなと感じる部分があるかもしれませんが、徐々に付き合い出すとちょっと面倒くさいと感じてしまうかもしれません。
すいかし、そんな正直さが車騎星の魅力でもあります。

・司禄星

司禄星は真面目で家庭的な人が多く、結婚生活の中で喧嘩したりトラブルに発展したりすることが少ない相手でもあります。
ただ、嫉妬深い一面も持っているので、あなたが何か疑惑を持たれるような行動をしてしまうと大きなトラブルにつながってしまう可能性もあります。

・禄存星

周囲の人々から人気を集めるこの星は、愛情深い人が多いものの、その愛情深さと人気を集めていることから浮気されてしまうこともあるでしょう。
性質としてはとても親切でお人好しなところがあります。

・調舒星

少し神経質な部分や繊細な心を持っている調舒星は、感性が鋭く自分のこだわりがかなり強い傾向にあります。
信用してもらうまでに時間がかかってしまいますが、信用してもらえるとあなたの少しの変化にも気付いてくれる人になります。

・鳳閣星

穏やかでのんびりな鳳閣星の人は、楽観主義であり心地よい関係を続けることができます。
マイペースな部分もあり思いやりに欠けてしまうところがあるので注意が必要です。

・石門星

石門星はとても社交的で友人が多いタイプでもあります。
そのため結婚後も友人関係を優先してしまうことも多いでしょう。
トラブルをなくすためには夫婦が一緒になって楽しめる交友関係や夫婦関係になるとうまくトラブルを乗り越えられます。

・貫索星

一言で言うと不器用な人、しかしとても意思が強く誠実さを持っています。
一緒にいて安心できる相手でもあり、家庭を大切にする一面もあります。
ただ、口下手なところがあるのでお互いが理解できずにケンカしてしまうこともあるでしょう。

それぞれの星の特徴によって、宿命となる夫のタイプが変わってきます。
自分の宿命はどのタイプの人なのかぜひチェックしてみましょう。
もしかしたら、まだ出会っていない人かもしれませんし、もう出会っている人の中にいるかもしれませんよ。

3.どうすれば「運命の人」と巡り会える?

運命の人と巡り会うことができるのか気になる場合は、自分にとっての運命の人がどの星の人なのか、算命学で確かめてみましょう。

■相性をみるとき

算命学にとって、相性をみるときは干合が重要になってきます。
干合の法則を使うことで、男女の相性や縁の濃さや薄さをみることができます。
縁が強い相手であることがわかりますが、お互いに同じ星を持ち合わせていなかった場合は、縁も薄いということになります。
縁が強ければ合わないと感じる部分があっても、縁の強さで結びつきも強くなりますが、腐れ縁になってしまうこともあるでしょう。
また、二つの十干が一緒になることで変化する干合変化があると、性格などが違っていても、最終的に合ってしまうため、非常に縁そのものが強くなります。

スポンサーリンク

■干合変化とは?

干は10種類あり、その中でも磁石で引きつけられたかのように引かれ合うものがあります。
内側の干が正面にある干と同じになると、庚と己以外の干が変化することが干合となり、これによって変化すると様々な変化を起こします。

■自分は変わらない庚と庚が気になる乙

変わらない庚の場合、頭の回転が速くて物事を常に合理的な考えで進めていきます。
また他人からの指示や命令を嫌い、他人の前で自分をさらけ出すようなこともありません。
これによってクールで冷たい印象を与えるかもしれませんが、理性的で淡白な傾向がまた魅力になることもあります。
そのクールな庚が気になる乙は、柱になるような存在にからみつき、それによって自分を作り上げていくタイプなので、からみつくものによって違った形を作り上げていきます。
なので、広い世界で活躍する人にからみついていけば、自分も同じように活動範囲が広がり、活発な人へと変化していくでしょう。
その反対にじっくりと物事に向き合う仕事をしている人と一緒にいれば、どっしりとした印象に変わっていくことでしょう。
また、相手の持っている性質によって姿を変えていくことができる乙が庚と付き合うと、辛になっていきます。
乙が辛になってしまうのも干合作用が関係してきますが、辛とは宝石を表していて、乙が干合相手である庚と付き合った場合、きれいになりたいと自分の中からその気持ちが出てくる変化のことです。
これによって、身だしなみをより気にするようになったり、他人からきれいに見えるように持ち物や髪形、服装など自分に磨きをかけるように気をつけるようになります。

■気持ちの変化で運命の人を見つけることもできる

算命学では、いくつかの情報や干合の関係からみていきますが、全ての人において、相手が運命の人なのかどうかを知ることができない場合もあるでしょう。
例えば、いつも同じ時間に見かけて気になる人がいるが、話したことがないといった場合でも、その人に関わってから自分にどのような変化があったのかでも、わかることがあります。
また、干合の関係があるからといって100%運命の相手とも言い切れませんが、何かしら関わってくる相手である可能性も高くなるでしょう。

4.星ごとの特徴が分かると交際もうまくいく?

算命学では10個の星(十大主星)が存在し、星によって特徴も違えば適した付き合い方も異なります。
星の特徴をしっかり理解して正しい付き合い方を把握できれば、恋愛でも良い方向に進んでいけるでしょう。
それでは、各星の特徴と付き合い方についてご紹介していきます。

■玉堂星

水性の陰であり、習得本能を持っている星です。
玉堂星は古典的なものや伝統的なものを好む傾向があります。
古い物を好む理由は、古いものにはその時代での効果や働き、意味などが込められており、玉堂星は人や世間から長く評価されるものに尊敬や憧れを持っているからです。
また、習得本能は龍高星も持っており、人と距離を取りたくないところは龍高星と一致しています。
しかし、玉堂星はその気持ちを表面に出すことが少ないため、距離を置きたいと勘違いされることも多いです。
人と一緒に外出した時、自分の世界に浸っていることもあるのでそれが勘違いを生むこともあるでしょう。
基本的に礼儀を大切にしており、人と争うことは面倒だと思い、相手の言うことは聞き入れる姿勢です。
そんな玉堂星と上手く付き合っていくには、棘のある言葉への耐性や対応がポイントです。
玉堂星の人は知人や友人に対して、プライバシーに踏み込むことは失礼にあたると考えてしまうため、その部分も勘違いされやすい要因です。
しかし、家族や身内には愛情深く、見返りを求めずに奉仕します。
相手の気持ちや要望、必要なものなど自然と理解できる人です。
その理解から、相手のためと思って辛口な棘のある言葉をストレートに告げ、傷付いてしまうこともあるでしょう。
これには悪気はなく、思ったことを素直に告げているだけなので、傷付いた場合ははっきりと告げてください。

■龍高星

水性の陽であり、習得本能を持っている星です。
水は形を維持続けることが難しく、じっとしてしまうと水中の微生物によって異なる液体となってしまうため、つねに動いています。
水の性質を持つ龍高星も頭の中で考えことをしながら体を動かすタイプで、強い好奇心を持ちます。
なので、好奇心に対して邪魔をされることが嫌いで、自分の動きを止める相手には一生逃げ続けるでしょう。
特に行動することがない場合は、気に行った相手と一緒に過ごすことも嫌ではありませんが、何かに興味を示すとジッとはしていられません。
また、龍高星の人は考え方も気分もころころ変わってしまうほど気分屋です。
これは新しい考えや物事を全身全霊で取り込むための習得本能なので、その点を理解してあげて接してください。
龍高星と上手に付き合っていくには、自由を共有できる関係をつくることです。
常に動いていたい龍高星は束縛されることを嫌っているので、自由にさせてくれる相手に好意を抱きます。
また、何かを考えることが好きで、発想や創造性も斬新なことが多く、人によっては変人扱いを受けることも多いです。
本人は特に気にしていませんが、少し変わった部分も愛して接しましょう。

■牽牛星

金性の陰であり、攻撃本能を持っている星です。
牽牛星の人は非常にプライドが高く、それを傷付けられることを恐れています。
それは立場が低い相手だけではなく、上位の上司や先輩からも指摘を受けると傷付いてしまう繊細さです。
失敗を極度に恐れる傾向があり、失敗が分かる物事に対しては引き受けずに逃げたり、連帯責任を負わせたりなど考え、実際に行動することもあります。
これは相手を支配したい強い攻撃本能からくるものと考えられるでしょう。
しかし、基本的に気配りは上手なので、リーダーよりもリーダーを補佐するサポート役に向いています。
牽牛星と上手に付き合っていくには、ダメ出しを最小限に抑えましょう。
上記のように、牽牛星はプライドを傷付けられることが嫌いで、失敗も恐れています。
陰性は評価が自分の感情に直接攻撃してしまうため、自分自身にダメージを与えてしまうのです。
ダメ出しが多ければ多いほど亀裂が生じ、修復不可能になる事態も想定できます。
注意する際はダメ出しよりも、助言という形がおすすめです。

■車騎星

金性の陽であり、攻撃本能を持っている星です。
牽牛星と同じ攻撃本能ですが、車騎星は陽性なので自分への利益ではなく、守りたいものや守らなければならないものに対して攻撃的です。
例えば、会社の不正が発覚した場合、その不正を正そうと行動するでしょう。
会社の対応によっては世間にも公表するなど、大胆な行動を見せることがあります。
社会的に抹殺されても不正を正す使命感をもとに行動する傾向があるのです。
「出る釘は打たれる」という言葉がありますが、車騎星はこの言葉どおりの人なので出る釘でいたいと考えています。
また、打たれても良い、打たれて良かったと思う一面もあるのです。
車騎星と上手に付き合っていくには、相手を理解しつつ暴走を止めるストッパーになりましょう。
車騎星の人の中には自分の中にブレーキを持つ人もいますが、止めてくれる誰かがいると安心です。
単独行動に走りやすいため、行動を起こす前に話を聞いてあげてください。
一番の理解者であることを認識させることで、関係も長続きするでしょう。

■司禄星

土性の陰であり、引力本能を持っている星です。
陰性なので単純に引きよせるだけではなく、取り込む働きにも優れています。
相手や物事への理解には時間をかけてでも努力を続け、手に入れたいものは確実に手に入れる信念を持っているようです。
その方法も慎重さを重視し、争いも起こさず手に入れられます。
知識や技術を取り込めた場合は自分や社会に役立つものとなるでしょう。
その一方、取り込んだものは手放したくない執着の気質も持ち合わせており、お金であればムダな浪費はなく、愛情であれば別れたくない気持ちも強く持っています。
司禄星と上手く付き合っていくには、堅実な態度が大切です。
司禄星の人は計画的な行動を好み、計画を崩す人や約束を守らない人を好みません。
しかし、忍耐強いところもあるので表情に出さないので、自ら察する力は必要です。
また、無計画でお金を使う人、物を大切にしない人も好まないでしょう。
貯蓄の計画性があり、長く使える物を選び大切に使う人であれば、司禄星の人も好意的にみてきます。
また、執着心も強いので嫉妬させるような行動や態度には注意しましょう。
記憶力も良いので、元彼の話などを蒸し返されることもあります。

■禄存星

土性の陽であり、引力本能を持っている星です。
引力本能なので、お金や評価に限らず、人など全てのものを自分に引き寄せたい気持ちを持っています。
これは本能によるものなので、引きつけるためにどんな努力も惜しまないでしょう。
根はとても優しく愛情深い人で、困っている人がいれば助けたいという気持ちが強いです。
また、お金をたくさん動かすことで社会的に評価されたいと思う傾向もあります。
サービス精神が旺盛で、つねに何かできないと頭を働かせているのです。
禄存星の場合、引力本能は手に入れるためにあるものではなく、回転を意識しているため、無意識に手放してしまうことが多いです。
なので、周りから金銭感覚がないと思われることもあります。
禄存星を上手に付き合っていくには、依存せずに人生を楽しめる心を持ち、追いかける存在であり続けることです。
禄存星は愛想が良く世話好きで人から好かれますが、これは人を引き寄せる本能によるものです。
釣った魚にはエサを与えず、落ち着いてしまうと新しい獲物を探す浮気癖があるので、常に追いかけられる存在である努力をしましょう。
そうなるには禄存星の人が知らない一面を持つことがポイントです。
習い事や趣味、仕事などで自分一人でも楽しめる世界を持つと、相手が知らない一面を育てることができ、ミステリアスな雰囲気をまとえるでしょう。

■調舒星

火性の陰であり、伝達本能を持っている星です。
感受性が強くて繊細で神経質なので、些細なことでも傷ついてしまうのが特徴でもあります。
また想像力も豊かで、自分の世界を大切にしています。
陰の気を持っているため、自分と少しでもズレがあるとそれを嫌い、ピッタリと合った世界を求め続けてしまう性質があります。
つまり、いつも自分に寄り添って自分の意見を否定しないものだけを好む、王様やお姫様のような本質があるということです。
これは本能的な要求になるので、特に意識してしていることではないのですが、自分を理解してくれることで本当の力を発揮できる環境を常に求め続けているのは、傷つきたくないからという気持ちの表れでもあります。
調舒星と上手く付き合っていくには、相手の思いをしっかりと聞いて理解することです。
全力で信じてあげたり、相手に向き合ってあげることで相手との距離も近くなり、信用してもらうこともできます。
芸術肌を持っているので、少し変わっているなと感じる部分もあるかもしれませんが、このこだわりや完璧な部分が調舒星でもあります。
理解してあげましょう。
また調舒星は傷つきやすく執念深いので、取扱いに気をつけましょう。

■鳳閣星

火性の陽であり、伝達本能を持っている星です。
陽の気を持っているため、明るく全体を見渡して全ての状況を把握してしまうような部分もあります。
これによって物事の先の部分まで読み取ってしまうので、他人から何をいっているの理解できないと誤解されてしまうこともあるでしょう。
これが持っている本能の部分になるので、鳳閣星からしたら事実を伝えているだけ、自分をそのまま表現しているだけなのです。
またとてもおしゃべりで秘密にしておくことができず、隠し事すらできないくらい、事実をそのまま伝えてしまうという特徴もあります。
不純なものがなく見たまま、感じたままを表現するため、周りから好かれることも多いでしょう。
鳳閣星と上手く付き合っていくには、距離感を大切にしましょう。
意味もなく一緒にいたり、やたらと近い距離だと苦手に感じてしまうので、突然訪問したり急な予定を入れたり、意味のない場所に連れ回すことは避けましょう。
でも、面白いと感じることや新しいものに目がないので、刺激を感じる場所やイベントなどに誘いながら、近すぎず、離れすぎず適度な距離を保ったまま上手に付き合っていきましょう。

■石門星

木性の陰であり、守備本能を持っている星です。
陰の気を持っていて、踏まれても復活して自力で立ち上がって花を咲かせる強さを持っています。
また、自分の主張を曲げないといった意味でも頑固さがあるでしょう。
この頑固な一面は内に秘めた頑固さになるので、他人からみたら人付き合いが良くて社交性があり、気のよさそうなタイプにみえるでしょう。
ですが、自分が育っていこうと決めた場所で成長していくタイプなので、その環境に馴染んで周囲に溶け込み、自分を受け入れてもらおうと頑固さを隠して努力を重ねて成長を続けます。
その努力や忍耐力を積み重ねていき、自分の味方を増やしていってから自分の本当の目標を達成していくのが特徴です。
石門星と上手く付き合っていくには、家庭をよりも仲間を大切にすることを理解しなければ、上手く付き合っていくことはできないでしょう。
石門星は家庭内のトラブルを起こしやすい宿命の星なので、理解しない限りトラブルを避けることはできないでしょう。
これは愛情がないといった意味ではなく、優先順位をつけたときに家庭は二の次になってしまうといっただけのことです。
また本人も家庭をないがしろにした自覚もないので、責められても何が悪いのか理解することができません。
寂しさを感じるかもしれませんが、これが石門星の本質と理解しましょう。

■貫索星

日干と同じ干があり、自分が2人いるという意味があります。
これは二重人格といったことではなく、自分の意思が強いという意味であり、常にどっしりと構えていてマイペース、我が強くて自分を曲げることができない頑固な一面を持っています。
また意思が強いため、他人からあれこれいわれることを嫌います。
この本質を持っていることで、他人からは1匹狼のような孤独を愛するイメージを持たれがちですが、意思が固いのは自分を守る守備本能の部分でもあるのです。
自分を守ったり、自分のペースを大事にしたいために、少し頑固や意固地になって貫き通していることもあるので、好きで自己中心的な行動をしているわけではありません。
ですが、これによって誤解を招いてしまうこともあるでしょう。

貫索星と上手く付き合っていくには、否定しないで意見を尊重してあげることが大切になります。
貫索星は、価値観や自分の感性を否定されてしまうと傷ついてしまうので、ますます自分の心の鍵をかけて開くことを拒絶してしまいます。
なので、意見を聞いて尊重してあげながら自分の考えなどを述べてみると聞き入れてくれることもあるでしょう。
一方的な決めつけや無神経な言葉では、距離が離れてしまうだけか心まで閉ざしてしまうので、意見が食い違ったり受け入れてくれなかったときは、一歩引いて受け流しましょう。
ここで貫索星を理解してあげると、相手からも守ってくれて一生裏切らない関係性を築くことができます。

5.相手の主星がわかると、求めている女性像がわかる!

既に好きな人がいて、その人の生年月日がわかっている場合、先程紹介した右手にある星を見ることで、好きな人がどんな女性を好みとしているのかを知ることができます。
もしも、相手の生年月日を知っていたらぜひどんな女性に惹かれやすいのか、参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

・玉堂星

右手が玉堂星の場合、自分よりも何か秀でたものを持っている女性に惹かれやすいです。
一人でも生きていけるようなたくましい女性に魅力を感じます。

・龍高星

右手が龍高星の場合、一見地味に見えて実はかなりオシャレで個性的なセンスを持っている人に惹かれやすいです。
固定概念にとらわれない奔放さに魅力を感じます。

・牽牛星

右手が牽牛星の場合、ブランド志向が強いためビジネスでもプライベートでも、どこに出ていっても恥ずかしくないような女性に惹かれやすいです。
「高嶺の花」というイメージの女性に魅力を感じます。

・車騎星

右手が車騎星の場合、女性らしさよりもボーイッシュだったりマニッシュな女性に惹かれやすいです。
健康的な女性に魅力を感じます。

・司禄星

右手が司禄星の場合、家庭的で優しい女性に惹かれやすいです。
家事や生活力の高い人に魅力を感じます。

・禄存星

右手が禄存星の場合、誰にでも優しく接することができ、思いやりのある女性に惹かれやすいです。
人気者で経済力のある女性に魅力を感じます。

・調舒星

右手が調舒星の場合、アーティスティックな女性に惹かれやすいです。
アンニュイな雰囲気だったり繊細さを持っている人に魅力を感じます。

・鳳閣星

右手が鳳閣星の場合、穏やかで包容力のある女性に惹かれやすいです。
のんびり屋な一面を持ち、あまり細かいことにこだわらない人に魅力を感じます。

・石門星

右手が石門星の場合、社交性があって人付き合いの良い女性に惹かれやすいです。
行動力があってアクティブな人に魅力を感じます。

・貫索星

右手が貫索星の場合、芯を持っていて独り立ちしているような強い女性に惹かれやすいです。
頼りたくなるような女性に魅力を感じます。

自分が違うタイプだったとしても、好みに合わせられるように変えていく努力をすることで、相手にとって魅力的な女性になれるでしょう。

記事・写真 協賛提供元:ADTIME Co., Ltd.

☞ NEXT 関連カテゴリー記事

結婚占いイメージ

☞ 6~8.算命学から紐解く、運命の人の見つけ方 第2編

十干はそれぞれに性質があり、誕生日によって十干の組み合わせが生じます。そのため、性質ごとに愛の形も違ってくるのです。そこで、十干ごとの愛の形をご紹介していきます。


☞ 結婚運が分かる人相学!将来を人相から読み取ろう

結婚は人生において重要な岐点となるため、慎重に行っていきたいものです。 そんな結婚運は様々な占い方法からも分かりますが、今回は人相学から結婚運を読み解いていきましょう。 自分の人相はもちろん、相手の人相を読み取ることで将来どうなっていくのかも分かります。 また、人相学で結婚運をアップさせる方法もご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。


☞ 結婚で悩む方にオススメの占い方法

周りはみんな結婚しているのに、自分だけ取り残されている気分になることがある方もいらっしゃるでしょう。結婚願望はあるのに、なかなか結婚できない…むしろ本当に結婚なんて自分にはできるんだろうかと悩む方も多いのではないでしょうか?まずは、結婚できるかどうか知りたい方に、オススメの占い方法をご紹介しましょう。


☞ \あなたへオススメ記事/

恋愛トップイメージ

☞ 『人相で恋愛運アップ!ダメンズの見極め方もご紹介』

人相でダメンズを見極めることもできますし、人相によって自分の恋愛運をアップさせ、より素敵な出会いを求めることもできるのです。ここでは、そんな人相学を駆使した恋愛運アップとダメンズの見極め方についてご紹介していきます。


不倫イメージ

☞『不倫は運気が下がる原因にもなる?九星気学から分かる不倫の傾向と対策』

1.不倫は色んな人の運気を下げてしまう|2.苦しい不倫は相性が悪いせいで起きる?|3.不倫に陥りやすい・陥りにくい本命星は?|4.相手が不倫しているかも…どういう行動をすべき?|5.不倫を断ち切り、恋愛運を高めるための方法とは?


PAGE TOP ▲