スポンサーリンク

良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第2編

目次(本編に移動できます)

☞ NEXT 関連カテゴリー記事

家相イメージ

☞ 18~27.良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第3編

玄関というのは家の中でも最初に人に見られる部分であり、社会と接する上での顔となる部分でもあります。そんな玄関が凶相だと来訪された人からの印象も悪くなってしまいますし、何より自分が住みにくいと感じてしまう家になりかねません。 


家相イメージ

☞ 28~31.良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第4編

家相を行う際にはプロの鑑定士から判断してもらった方が良いでしょう。もし家相を自分で見極めたいという方は、家相図の見方も覚えておくようにしましょう。ここからは、家相図を見る時にチェックしておきたい部分や意味についてご紹介します。 


☜ PREV 関連カテゴリー記事

家相イメージ

☜ 1~8.良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第1編

普段生活をする家と運勢には、密接な関係があることはご存じでしょうか。新築やリフォーム、引越しをする際に、運気の上がる家に住みたいと思う方も少なくないはずです。今回は家相がどんなものか、詳しくご紹介します。 


☞ \あなたへオススメ記事/

人間関係トップイメージ

☞『人間関係で悩む方にオススメの占い方法』

他人との関わりがある以上、人間関係の悩みはやってきてしまいます。職場や友人、家庭環境の中でも悩みはあるものです。そんな人間関係の悩みを占いで解消しませんか?こちらでは、それぞれの人間関係の悩みにオススメの占い方法をご紹介していきます。


☞ \ 人気記事トップ5 /

人相トップイメージ

☞ 1~6.性格や運勢が一目で判断できる!人相学について 第1編

●1.人相学とは?●2.顔の形から分かる性格と運勢●3.パーツで分かる気質と運勢●4.エリアから見分ける運勢●5.髪・歯・しわ・ほくろで分かる運勢や状態●6.人相から見える吉凶のサイン


手相イメージ

☞ 11~20.自分の本質・未来が見える『手相占い』 第2編

●11.知っておきたい複線その1・努力線●12.知っておきたい複線その2・土星環●13.知っておきたい複線その3・金星環●14.知っておきたい複線その4・人気線●15.知っておきたい複線その5・金運線●16.知っておきたい複線その6・結婚線●17.知っておきたい複線その7・健康線●18.知っておきたい複線その8・影響線●19.あるとラッキー?!おもしろ線●20.手相で分かる、体からの危険サイン


東京・千葉・埼玉で不用品回収・遺品整理ならナクスル

☞ 東京・千葉・埼玉で不用品回収・遺品整理ならナクスル

業界最安値 他社が高いと感じたら是非当社へ!ご相談・訪問見積り予約などネットからは【24時間】ご連絡いただけます。 ※営業時間外の場合、通常ご対応は翌日になります。


不倫イメージ

☞ 不倫は運気が下がる原因にもなる?九星気学から分かる不倫の傾向と対策

人によって恋愛のスタイルは異なり、中には不倫の恋にのめり込んでしまう人もいるでしょう。しかし、不倫により周囲の人の運気を下げることもあり、恋人の不倫に悩む方も多いです。ここでは九星気学の視点から不倫について色々とみていきましょう。


☞ 1~5.算命学から紐解く、運命の人の見つけ方 第1編

●1.自分の運命の人はどんな人?●2.宿命となる夫のタイプはどんな人?●3.どうすれば「運命の人」と巡り会える?●4.星ごとの特徴が分かると交際もうまくいく?●5.相手の主星がわかると、求めている女性像がわかる!


算命学イメージ

☞ 13~17.誕生日から分かる自分の宿命、算命学占い 第3編

●13.三業干支(さんごうかんし)とは?●14.三業干支の種類●15.互換中殺と日座中殺について●16.算命学でみる家系●17.詳しい天中殺の種類


9.気の流れがもたらすパワー

家相占い

家相と風水は捉え方などに違いはあるものの、本質的なものや気の流れに関しては似ている部分があります。
そこで、家相における気の流れによってもたらされるパワーをご紹介していきましょう。

■気はどんな役割を持つのか?

家相や風水における気は、単純に空気の流れではありません。
様々な物体、自然が持つエネルギーが気となり、それを取り込むことによって様々な影響をもたらしてくれます
。 例えば、古い気はすぐになくなり新しい気が入り込んでくる場所というのは、居心地も良くリラックスしやすい環境にあります。
その場所にいれば健康や精神的にも良い影響があると言えます。
逆に気の流れが悪くいつまでも気が巡らない場所では、心も不安定になりやすく、精神的にも身体的にも影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。
こうしたことからも、気の流れは快適に暮らせる家づくりにおいて重要なポイントと言えるでしょう。

■気の流れが入り込む場所とは?

家の中に気の流れを作るためには、まずは家の中に気が入ってくる場所を意識することが大切です。
その場所とは、玄関です。
玄関は人の出入りもありますが、気が外から流れてくる場所でもあります。
そのため、玄関を取り付ける時に気の流れを遮るようなことはしないようにしましょう。
例えば玄関を開いて真正面に鏡があると、気が全て反射されてしまい、家の中に気が入ってこられなくなってしまいます。
また、真正面に窓がある場合もそこから気が流れ出てしまうため注意が必要です。
もしも既に作ってしまったという場合は、カーテンやブラインドを取り付けることで気が逃げにくくなります。

■家に入った気はどのように流れるのか?

玄関から入ってきた気は、家の中央を通り反対側に向かいます。
1階で気が満ちた後は、2階に気が上がり屋根や窓を抜けて気は流れていきます。
玄関のドアが大きければ大きい程気も入ってきやすくなるのでなるべく大きめのドアを採用すると良いでしょう。
また、玄関から中央を通って反対側に気が向かう時に、植物が置かれていると、気をさらに高めてくれます。
もし置くことができない場合は、写真などでもOKです。
さらにお香などを焚いて香りを良くすることも気のパワーアップにつながります。

家の中に良い気を循環させることで、住む人の健康にも良いですし、家自体の寿命も延ばすことができます。
気の流れを良くすることで、心身が癒される空間づくりをしていきましょう。

10.三所三備を徹底しよう!

■三所について

家相で重要な方位のことを「三所」と呼びます。
家相を判断するとき、最初に家の中心を求め、そこから真北方位を基軸に8分割します。
さらに、細かく24分割にして、方位の割付けを行うのです。
この割付けでは、鬼門と裏鬼門、そして宅心が求められます。
これらに位置付けされた3つの重要な方位が、三所と呼ばれるものです。
ちなみに、宅心とは24方位の割付け図で中心部分を示す方位になります。

■三備について

三備とは、家相で重要な用途を示します。
人が住まいで生活するためには、欠かせない用途があります。
まず家に入るためには玄関が必要です。
そして、生存に直結する食べ物を調理するキッチンは、調理だけではなく、食品保存や食器収納などの役割を持ちます。
そして、食べた物を排出する場所がトイレです。
用途としては最も不浄な場所ですが、健康な生活のためには欠かせない用途と言えます。
そのため、特に計画性を持たなければならない場所とも言えるでしょう。
三備は生活に欠かせない玄関、キッチン、トイレをあらわしているのです。

・玄関

家の原点で、ここから生活が始まるといっても過言じゃありません。
良い家相に恵まれるためには、玄関は常に清潔であることを心掛けましょう。
そして、配色は落ち着きがある、明るさを感じる色合いが好ましいです。
玄関スペースは他の用途と比較しつつ、バランスの良い広さに設定すると良いでしょう。
大きすぎても、小さすぎても良いわけではありません。

・キッチン

人が食べ物を食べることは生存維持には欠かせないことです。
どんな生活スタイルであっても、食事をつくったり、食品を保存したりする場所は必要と言えます。
以前は女性中心の場所でしたが、最近は男性でも料理を趣味にする人が増え、デザイン性も豊かになっています。

・トイレ

トイレは、三備の中でも最も疎かにされやすい場所です。
間取りによっては、余ったスペースにつくられることが多く、階段下にはめ込まれるケースは少なくありません。
しかし、階段下は良い家相にする上で、不浄な用途であるトイレを置くのにふさわしくないスペースです。
トイレは住んでいる人だけではなく、来客も使用することがあります。
常に清潔を心掛け、スペースはある程度ゆとりを持って、落ち着かせる空間に設定しましょう。

良い家相の家にするためには、上記の三備が三所に配さないことが望ましいです。
他の用途が吉相であっても、三備が三所にあると全体的に凶意が増大してしまう可能性があります。
住まいの吉相計画では、三所に三備を設けないことを基本に考えましょう。

11.厄年での新築は注意が必要!

■厄年とは

厄年は元々中国が発祥で、日本の陰陽道が起源だとされています。
厄年は良くないことが起きる年と言われ、無宗教や占いなどを信じない人でも、厄年を気にしている人は多いです。
そして、男性と女性では厄年が異なるという特徴があります。
まず、男性の本厄は数え年で25歳、42歳、61歳です。
女性の場合は、同じく数え年で19歳、33歳、37歳になります。
さらに、本厄前後の1年間を前厄、後厄と呼ぶ期間があり、こちらも災いが起こりやすい時期と言われています。

■厄年で新築は危険なのか

よく厄年で家を建てることは避けた方が良いという意見を聞きます。
家づくりとは楽しいことばかりではなく、考えることも多いのでストレスが大きいものです。
なので、ちょっとした不具合や体の変調により、これは厄年のせい、家相のせいだと疑う人も少なくありません。
家づくりでは、そうなってしまうほど本人や周辺に影響を及ぼす、大きな計画だと言えるでしょう。
しかし、家を建てるという決心がつくのは、だいたい社会人として最盛期を迎えた時期と言えます。
そうなると、必然的に厄年にあたる年齢層が多いとも考えられるでしょう。
現役の時代は何かとストレスにさらされ、心身ともに疲労が多いです。
そのため、何かしら体に不調を持つこともあります。
そもそも、本厄を始め、前厄と後厄を含めれば、人生の3割が厄年という結果になります。
そして、厄年の性質上、本厄では家族などにも影響を与えるものです。
ですから、人生のほとんどが厄年に晒されているとも考えられるので、厄年だから災難と考えることは避けた方が良いでしょう。
むしろ、厄年ではないから大丈夫と有頂天になる方が、何かと失敗してしまう可能性が高いです。

■厄年にやっておくと良いこと

家を建てる時は、厄年に限らず慎重な行動が大切です。
もし厄年に家を建てることになったら、まずは健康を重視しましょう。
社会人として最盛期は体が無理をしている場合が多いです。
家づくりは大きな計画なので、ますは人間ドックなどで健康診断を受けましょう。
日頃から放置している持病や虫歯、痔、腰痛、メタボなどを治療して健康体を維持することも、家づくりを成功させる上で重要です。
また、人生の区切りとして厄払い、家族や友人、先祖などに感謝することも大切と言えます。
厄年だからと恐れることなく、家を建てたい時は建てましょう。
家を建てる時は健康や慎重な行動を重視することも、吉相な家づくりでは欠かせないポイントです。

12.仏壇・神棚はどうすべき?

新築を建てる際に、仏壇や神棚を設けたい場合はどのあたりに設置することが望ましいのでしょう?
家相学では、仏壇と神棚のそれぞれに好ましい場所というものがあります。

■仏壇はどこに設置すべき?

仏壇を置く場所は、鬼門や裏鬼門、四隅線、正中線と重なっていなければどの場所でも吉方位となります。
特に家の西側に和室を設けてそこに仏壇を置くことが良いと言われています。
向きは宗教によっても違いがありますが、仏教では北や西に向かって礼拝することを大切にしているため、仏壇の向きはその逆の南や東に向けるようにしましょう。
また、他にも気を付けたいポイントがあります。
例えばトイレや浴室、キッチンなどの水回りと隣り合わせになっている場所に仏壇を置いてはいけません。
これは、水回りは不浄物にあたる場所なので、そのような場所の近くには仏壇は置かないようにしましょう。
他にも通気性が悪かったり生活空間として使われていないような場所、直接日光が差し込んでくるような場所は適していません。

スポンサーリンク

■神棚はどこに設置すべき?

神棚を祀っているお家は少なくなってきましたが、特にお店を経営されている方や事務所と自宅を兼用されている場合だと、神棚を祀っているケースがよく見られます。 もちろん、一般家庭においても神棚を作ることで毎日礼拝されている家庭もあります。
神棚を祀る際の注意点は基本的に仏壇とあまり変わりません。鬼門や裏鬼門、正中線、四隅線を避けていれば問題ありません。
神棚を祀る部屋に相応しいのは、お客様を通すようないわゆる「上」と言われる部屋です。
例えば子ども部屋や寝室などには神棚は祀らないかと思いますが、プライベート空間が強いところに神棚を祀らない方が良いと言えるため、リビングや客間などに祀った方が良いでしょう。 また、神棚の下にドアを設けるようなことはしないでください。
神棚は神様が祀られている場所なので、その下をくぐるという行為はとても失礼にあたります。
神棚の向きも仏壇と同じように北か西に向かって礼拝できるように、南か東向きに作るようにしましょう。

このように、仏壇と神棚を設置するためには様々なことを考慮しなくてはいけません。
新築の場合、つい仏壇や神棚のことを考えずに設計してしまうと後からどこに仏壇や神棚を設置するかで迷ったり、設置に適した場所がなくなってしまう恐れがあります。 ですから、なるべく設計の段階で仏壇と神棚を考慮した作りにしましょう。

13.収納スペースはどう設けるべき?

設計をする段階で、居心地の良い環境づくりを行われますが収納スペースの設計も忘れてはなりません。
収納スペースをあまり作らずに設計してしまった結果、生活を送る中で困ってしまうということが起こりうる可能性もあります。
だからといってあまりにもたくさんの収納スペースを作ってしまっても逆効果になってしまいます。
収納スペースを上手に設けて家相学においての運気を高めていきましょう。

■収納スペースはどれくらい必要?どこに設けるべき?

収納スペースを作る場所に関しては、家相学において特に厳禁となる場所はありません。
逆に、生活の中で収納スペースがなく不便に感じる部屋などがある場合は、家相学において凶相が出てしまうため、収納スペースが必要な場所には積極的に設けていきましょう。 また、どれくらい収納スペースを作って良いのかというと、床面積のおよそ13%を収納スペースにすると十分確保できると言われています。
中にはおよそ10%の収納スペースにするべきと言われていますが、それだと少し収納スペースが少なく感じてしまう可能性があります。
ですから13%を目安にすると良いでしょう。

■物置の設置場所

鬼門には不浄のものは避けるようにと言われているため、物置も北東には置かないように、とよく言われていますが、実際にはあまり問題はありません。
ただし、物置はどうしても湿気が溜まりやすかったり汚れているものを置いてしまうため、カビ・ダニが発生しやすくなり、家にとっては凶相となってしまいます。
ですから、北東に物置を設置しても良いですが、片付ける時は綺麗にしてからしまうことと、湿気対策を定期的に行っておくことが大切です。
さらに、物置は勝手口近くにあると便利ですが、そうなると外から死角を作ってしまい、空き巣に狙われやすくなってしまうので注意が必要です。

■納戸を作るなら防火・防犯の観点で安全性の高い場所に設置するべき

例えば火の元であるキッチンの上階に納戸を作ってしまうと、もしも火災が起きてしまった時にいち早く焼失してしまう可能性があります。
そのため納戸を作る時はなるべくキッチンから遠ざけることが大切です。
これは隣家にも言えることで、隣家のキッチンからも納戸を遠ざけるようにしましょう。
また、納戸には通気性を良くするための窓や換気口を設置するようにしてください。
そうでないとカビが発生してしまう可能性が高いです。
もし窓が付いていなければ、定期的に扇風機を使って空気を循環させることで湿気を逃しましょう。

14.気になる庭・バルコニー・ガレージで注意すべき点

■樹木で吉相の庭にしよう

家相では庭に大きな樹木を植えるのは凶相だと言われています。
その理由は、木が太陽の光や通風を妨害するからです。
しかし、工夫次第によっては吉相の庭にすることができます。
例えば、北東など北風が強い場所に庭をつくる場合は、アオキなど常緑木を植えることで、冬は風よけ、夏は日差し避けに期待できるでしょう。
また、裏鬼門にぶっそうと木を茂るのは大凶とされていますが、西日を防ぐことができます。
なお、庭が隣家のキッチンと隣接している場合は、サザンカやサンゴジュなどの防火樹を植えると、防火対策や目隠しとして有効です。
樹木にはリラックス効果があるので、庭にお気に入りの木を受け、さら四季折々の花を植えて楽しみましょう。
そして、庭の草むしりや落葉などはしっかり処理し、つねに綺麗な庭を保つことも家相では重要です。

スポンサーリンク

■吉相のバルコニーとは?

バルコニーは太陽光や雨、風、暑さ、寒さなどの影響を大きく受ける場所です。
そのため、設置する方位によってそれぞれ工夫を施して設置する必要があるでしょう。
例えば、コンクリートのバルコニーは夏場になると熱を持ちやすく、接している部屋も暑さの影響を受けます。
なので、人工芝やタイルなどを敷き照り返しを防ぐと良いでしょう。
また、西日に当たるバルコニーは暑さから、体調が崩れる危険性があります。
南西側の場合は屋根を設置し、半戸外空間にすることで西日を防ぐことが可能です。
壁に囲まれた状態のバルコニーは泥棒の侵入に気付かない場合がるので、中の様子が見える状態が望ましいでしょう。
落ち葉や雪、ほこりなどが溜まりやすい場所なので、樋が詰まらないようにこまめに掃除することも大切です。

■ガレージは方位や場所で左右される

ガレージは設置する場所によって住まいの全体設計に影響がでます。
例えば南西や南、西のガレージは日差しの影響で車が熱くなり、周辺の部屋にも影響が出てくるでしょう。
そのため、カーポートなどで遮光する工夫が必要です。
また風上が強い場所は室内に排気ガスが入り混むので避けたい位置ですが、設置する場合は排気ガスを出すための工夫が必要になります。
バルコニーと隣接すると、泥棒が入りやすくなるため、門扉や防犯カメラなどの設置が望ましいです。
そして、インナーガレージは方位関係なしに凶だと言われています。
排気ガスが室内に入り込みやすかったり、キッチンと隣接することで火災の危険性があったりします。
インナーガレージの場合は専用換気扇の設置や火元と離れた位置につくるなど、様々なことを考慮して場所を決めましょう。

15.家相でマンションを選ぶ時のポイント

■マンションは基本的に凶相

一般的に、マンションは南北へ長方形で配置されています。
さらに、角部屋以外は窓が少なく、両壁に遮られた空間なので、全体的に凶相であることが多いです。
北側を玄関、南側をリビング・ダイニングとして配置するためには、中央に水回りが集中します。
家相では家の中心は最も暗く、風通しの悪い凶相であり、そこの湿気が多い水回りがくることは注意が必要と言えるでしょう。
特にトイレが中央にくるのは大凶なので避けてください。

■マンション選びでは太陽の方位に気を付ける

戸建ての場合は外壁が方位に面しています。
しかし、マンションの場合は外壁が一方位にしか面していません。
そのため、その一方位の影響を受けやすいのです。
日差しが強い部屋だと、夏は室内に熱がこもり体調を崩す可能性があります。
近年は高断熱・遮熱ガラスを導入しているマンションもあるので、日差しが強い部屋の場合は、そのような設備があるか確認しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

■共有部分で注意したいこと

マンションの共有部分である玄関エントランスが鬼門や裏鬼門に配置されている場合は注意し、東向きを選ぶとベストです。
エレベーターも同様に、鬼門や裏鬼門に配置されていないことが望ましい間取りでしょう。
また、マンションの家相は地上に近い部屋ほど吉相です。
なので、中層の8階あたりまでが目安になります。
ただし地上がアスファルトなど工業製品で覆われている場合は、地上に近くても大地のパワーの恩恵は特に受けられません。
その場合は、高い階数の部屋だと大気のパワーを受けやすいです。
しかし、あまり高い位置の部屋でも落ち着きがなくなるので、10階から15階未満が望ましいと言えます。

■専有部分で注意したいこと

・玄関

マンションの構造上、玄関とバルコニーが向い合せになるのは必然です。
そこで注意したいにが、鬼門と玄関ドアが正中線になることは避けてください。

・LDK

ファミリー向けにLDKタイプのマンションが主流ですが、この場合は南東の向きがおすすめです。
間取りの配置パターンは色々ありますが、キッチンは東寄りの間取が良いでしょう。
サービスバルコニーとゴミ置きがあれば、さらに良いのですが、この場合は西側にキッチンがくる間取りは避けた方が良いです。

・和室

4LDKや5LDKの間取りでは、リビングの横に和室がくることが多いです。
南東向きでそのような間取りの場合は、和室は辰の方向が良いでしょう。
また、和室に神棚や仏壇を置くのも吉相です。

16.家相と造園(ガーデニング)の関係性

■家庭を守る上で家と庭は重要な関係となる

家相を見たときに庭は関係ないかと思われる方もいるかも知れませんが、庭も家相を見る際に重要なポイントとなります。
”家庭”というのは「家」と「庭」となり、庭がなければ成り立たないのです。
庭があることで住人の心を落ち着かせることができますが、造園する際には気を付けなければならないポイントがいくつかあります。
家に差し込む明るさを調整し、さわやかな風を運び入れてくれる庭を作るようにしましょう。

■庭を作るのに良い方角は?

まず、庭を作る時に良いとされる方角は”東””東南””南”です。
それ以外の方角では庭は作れないのか?と思う方もいるでしょう。
ポイントを抑えることで、どの方角でも運を運び入れることができます。

・東側に庭を作るなら

高い木ではなく、低木を植え込むようにすると日光を存分に住宅に入れることができて吉となります。
低木は常緑樹ならアオキ、落葉樹ならドウダンツツジなどを選びましょう。
また針葉樹は東側には不向きなので避けましょう。
白や黄色の花も不向きとなります。
美しい花を選ぶと良いでしょう。

・東南に庭を作るなら

東側と同じように低木を植えることで、家庭が安定して平和で繁盛するようになります。
低木は常緑樹ならキンカン、落葉樹ならあじさいが良いでしょう。
まっすぐと伸びていく木であれば出世すると言われています。

・南に庭を作るなら

高い木を植えずに平庭にようにして作ると良いでしょう。
背の高い大木は生い茂った状態になるのは凶となるので避けましょう。
中高木の梅、また松を植えるのも良いでしょう。
白い花の咲く木も避けた方が良いでしょう。

■他の方角に庭を作る際のポイント

・南西に庭を作るなら

裏鬼門となる南西は、大きな木が家の屋根に付いたり樹木が茂らないようにしましょう。
また樹木のつるが巻きつくような木も避けるようにしましょう。
なつめ、梅、ぼたんの木であれば吉となります。

・西に庭を作るなら

大きな木は植えずに、くちなしやにれなどを植えると吉となります。
また松と樫と一緒に植えると良いと言われています。
赤い花の咲く木は避けるようにしましょう。

・北に庭を作るなら

風が強く当たり北側は、常緑の木を植えると良いとされています。
えんじゅやしらかしなどは吉で、赤い花の咲く木は災難となるので避けるようにしましょう。

・東北に庭を作るなら

樹木や木などは基本的に植えない方が良いのですが、梅、なつめ、桃は良いとされています。
オレンジ色の花が咲く木は避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

17.地鎮祭や上棟式の重要性

■地鎮祭とは

地鎮祭とはその土地で家を建てる工事を始める前に、その土地の神様である「氏神(うじがみ)、産土神(うぶすながみ)、鎮守神(ちんじゅがみ)」をお迎えして工事の無事や安全、土地のお祓いや繁栄を祈願することです。 そのため守り神である氏神様、生まれた土地を守る産土神様、建物を守護する鎮守神様を迎えることとなります。
一般的には鎮地祭と呼ばれることが多いのですが、他にも土祭り、地祭りなどとも呼ばれています。
地鎮祭を行うには、暦注の六曜を見て大安、先勝、友引の日の午前中を選んで行われます。
地鎮祭は工事をする敷地内で行われ、祭壇を作りお供え物としてお米やお酒、お供え物を用意して儀式が執り行われます。

■上棟式とは

上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って行われます。
一般的な上棟式は新築の土台が完成して柱、梁などの骨組み部分が完成した時に行います。
木造住宅と鉄筋コンクリート住宅では行うタイミングが異なり、鉄筋コンクリート住宅の場合は、最上階のコンクリート打設をした後で上棟式を行います。
工法などによってタイミングが違う場合もありますが、本来の上棟式は無事棟が出来あがったことを喜んで、感謝や祈願するための儀式となります。

■地鎮祭や上棟式の重要性

地鎮祭や上棟式には重要な意味を持っています。
地鎮祭は、その場に新しい住宅を建てようとする時や、改装を行う時にその土地の神様に許しを得て、家づくりを無事成功させるといった意味を持っています。
また、無事に工事を行う祈願する儀式でもあるため、儀式を行わないと土地の守り神様の祟りがあるとも言われてきました。
上棟式は建前とも呼ばれていて、屋根と屋根の水平部分の棟木があったことを祝う儀式であり、建築に携わった関係者が集まって工事の無事と安全を祈願する意味合いがあります。 地鎮祭や上棟式には施主、建設会社などの関係者が作業の無事や繁栄を祈ることで成功させる気持ちを統一させたり、また工事の中の1つの節目とも言える儀式となるので、きちんと地鎮祭や上棟式は行うようにしましょう。 最近では、近隣への配慮から省略したり簡単に済ませてしまうことも多くなってきていますが、昔から続けていきた儀式であるので派手に行う必要はありませんが、感謝の気持ちと無事で安全に完了することを願って地鎮祭や上棟式を行うことをおすすめします。 また、住んでいる地域などによっては風習などで違った形式になることもありますが、どれも祈願する意味合いは同じです。

記事・写真 協賛提供元:ADTIME Co., Ltd.

☞ NEXT 関連カテゴリー記事

家相イメージ

☞ 18~27.良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第3編

玄関というのは家の中でも最初に人に見られる部分であり、社会と接する上での顔となる部分でもあります。そんな玄関が凶相だと来訪された人からの印象も悪くなってしまいますし、何より自分が住みにくいと感じてしまう家になりかねません。 


家相イメージ

☞ 28~31.良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第4編

家相を行う際にはプロの鑑定士から判断してもらった方が良いでしょう。もし家相を自分で見極めたいという方は、家相図の見方も覚えておくようにしましょう。ここからは、家相図を見る時にチェックしておきたい部分や意味についてご紹介します。 


☜ PREV 関連カテゴリー記事

家相イメージ

☜ 1~8.良い間取りで運気が変わる?!家相占い 第1編

普段生活をする家と運勢には、密接な関係があることはご存じでしょうか。新築やリフォーム、引越しをする際に、運気の上がる家に住みたいと思う方も少なくないはずです。今回は家相がどんなものか、詳しくご紹介します。 


☞ \あなたへオススメ記事/

人間関係トップイメージ

☞『人間関係で悩む方にオススメの占い方法』

他人との関わりがある以上、人間関係の悩みはやってきてしまいます。職場や友人、家庭環境の中でも悩みはあるものです。そんな人間関係の悩みを占いで解消しませんか?こちらでは、それぞれの人間関係の悩みにオススメの占い方法をご紹介していきます。


☞ \ 人気記事トップ5 /

人相トップイメージ

☞ 1~6.性格や運勢が一目で判断できる!人相学について 第1編

●1.人相学とは?●2.顔の形から分かる性格と運勢●3.パーツで分かる気質と運勢●4.エリアから見分ける運勢●5.髪・歯・しわ・ほくろで分かる運勢や状態●6.人相から見える吉凶のサイン


手相イメージ

☞ 11~20.自分の本質・未来が見える『手相占い』 第2編

●11.知っておきたい複線その1・努力線●12.知っておきたい複線その2・土星環●13.知っておきたい複線その3・金星環●14.知っておきたい複線その4・人気線●15.知っておきたい複線その5・金運線●16.知っておきたい複線その6・結婚線●17.知っておきたい複線その7・健康線●18.知っておきたい複線その8・影響線●19.あるとラッキー?!おもしろ線●20.手相で分かる、体からの危険サイン


東京・千葉・埼玉で不用品回収・遺品整理ならナクスル

☞ 東京・千葉・埼玉で不用品回収・遺品整理ならナクスル

業界最安値 他社が高いと感じたら是非当社へ!ご相談・訪問見積り予約などネットからは【24時間】ご連絡いただけます。 ※営業時間外の場合、通常ご対応は翌日になります。


不倫イメージ

☞ 不倫は運気が下がる原因にもなる?九星気学から分かる不倫の傾向と対策

人によって恋愛のスタイルは異なり、中には不倫の恋にのめり込んでしまう人もいるでしょう。しかし、不倫により周囲の人の運気を下げることもあり、恋人の不倫に悩む方も多いです。ここでは九星気学の視点から不倫について色々とみていきましょう。


☞ 1~5.算命学から紐解く、運命の人の見つけ方 第1編

●1.自分の運命の人はどんな人?●2.宿命となる夫のタイプはどんな人?●3.どうすれば「運命の人」と巡り会える?●4.星ごとの特徴が分かると交際もうまくいく?●5.相手の主星がわかると、求めている女性像がわかる!


算命学イメージ

☞ 13~17.誕生日から分かる自分の宿命、算命学占い 第3編

●13.三業干支(さんごうかんし)とは?●14.三業干支の種類●15.互換中殺と日座中殺について●16.算命学でみる家系●17.詳しい天中殺の種類


PAGE TOP ▲